AGOフォニックスカードゲームが子ども英語初心者におすすめな理由【レビュー】

  • 英語のゲームを知りたい
  • 手軽に遊べるゲーム
  • 初心者にもやさしいゲーム

を知りたいというあなたに向けて記事を書いています。

子どもに英語を教えるために自分も学習中!保育士のココ先生です。こんにちは。

発音を学ぶことは、今後の学習効率がとても良くなるため、基礎として必要な学習内容です。

私自身、発音を学ぶのにやり方が分からず子どもに伝えられないと悩んでいました。

そこで私は「AGOフォニックスカードゲーム」に出会い、子どもと毎日楽しみながら学ぶことができるようになりました。

ゲームを通して

  • 英語のフォニックスと単語を覚えられる
  • 非認知能力である自己肯定感やコミュニケーション、判断力にも好影響あり。
  • 大人の学習者にも効果あり

というメリットがあります。

保育士として長く子どもたちの成長を見てきた私が、子どもの非認知能力も成長できる英語カードゲームについて解説します。

この記事を読めば、

  • ゲーム内容
  • なぜ発音(フォニックス)に良いのか
  • ゲームを通して非認知能力も上げられることについて
  • 半年使っての子どもの反応と親の学習について

などがわかります。

ココ先生
ココ先生

特に、親であるあなたが英語の発音が苦手でも一緒に英語を楽しみたいと思っている方には本当におすすめです。

スポンサーリンク

AGOフォニックスカードゲームとは、自然にアウトプットできるゲーム

フォニックスと単語の学習のために作られたおすすめなゲームがこちら。

LV1アクア

このゲームは「UNO」のルールをベースに作られています。

「UNO」と違う点は、出したカードを発音するという点のみ。

つまり、発音をルールに組み込んだことで、自然に発声ができるカードゲームなのです。

私自身このAGOフォニックスカードゲームで娘と発音を学んできました。

ココ先生
ココ先生

AGOカードゲームのおかげで、娘はほとんどのフォニックスを発音することができるようになっています。

ゲームを通して遊び「成長できるメリット」

フォニックスと多くの単語が学べるという点にあります。

フォニックスとは、

アルファベットの音を学ぶ学習方法です。

ABCのアルファベットを例に出すと、エービーシーは記号の名前であり、音は「アッ、ブッ、クッというような音のこと」がフォニックスにあたります

英語圏の子どもも、フォニックスを学ぶので英語学習では、基礎的な学習領域になります。

詳しくはこちらでも解説!参考記事⇒子どものフォニックスとは?教え方を段階的に紹介【良い教材もレベル別におすすめ】

“フォニックス音”36種類を学べる

自然に発音をする機会が増えるために、真似をしながらフォニックスを学べます。

発音は実際に口を動かし、発音する以外に学習方法はありません。

音を聞き、その音をまねるという工程を数多く取り入れられるために非常に有益!

108個の単語

単語を通して発声するという仕組みため、108個の練習用単語が組み込まれています。

娘とのゲームを通しての経験談を言うと、

イラストで描かれているため、「絵を見て」「音を聞いて」という学習方法で、気づいたら単語を知っていたという驚きもありました。

3つのセットを買うと324の単語が書かれていて単語数の多さに驚きます。

子どものころは、発音と単語が覚えることがメイン学習のため、最適と言えるでしょう。

英語学習者である私も知らない単語がありました。大人学習者にもおすすめ!

子どもの成長(非認知能力)にも良い

英語だけでなく、子どもの非認知能力も伸ばしたい方必見!

非認知能力とは

テストの点数では測れない能力であるやり抜く力、意欲、自立、自己肯定感、コミュニケーション力、創造性、などの総合的な能力のこと。周りの人間関係から学ぶことが多い。特に親のすべての物事に対する姿勢は、子どもが生活しながら学ぶことが多い。ペリー就学前プログラムという実験では、40歳時点での年収や幸福感にもつながることが分かっていて、幼児期に伝えられる能力として、一生ものとしての能力になる。

反対語は認知能力であり、点数化できる算数や理科、国語などにあたる。

どちらも必要な能力であるが、非認知能力は認知能力を向上させる土台となる。

特に親子での関わりは、非常に自己肯定感などの非認知能力に関係しています。

他にも

  • 判断能力・・・ゲームに勝つための駆け引きが自然とできる
  • 集中力・・・最後まで目を向けているため集中力を保てる
  • コミュニケーション・・・やり取りを通して、相手の気持ちの理解
  • 対話能力・・・会話を通して相手の思いと自分の思いの調整ができる

ゲームを通してこれだけのことが経験できるようになります。

ポイントは、親も子どもと一緒に楽しむこと。

様々な能力が育ちますよ!

保育士としてもおすすめ!

参考記事⇒子どもの英語能力と共に成長する非認知能力の伸ばし方とは?【保育士が完全解説】

子どもはゲームというものへの意欲が高い

AGOカードに限らず、ゲームというのは買ったり負けたり楽しいものであり、「勉強」という考えは子どもの頭にはありません。

勉強という観点がないことが英語ゲームの良いところ。

だからこそ、「やりたい!」という気持ちにつながります。

保育士として何百人と子どもたちを見てきましたが、ゲームへの夢中になる姿勢は目を見張るものがあります

英語学習はとにかく時間を長く取ることが必要なので、一度にたくさんの学習時間を取れるゲームは重宝します。

私自身買ってから半年ほど使ってみて、子どもたちは全く飽きていないです。

このゲームを通してフォニックスを言えるようになったあともむしろ娘から

娘

フォニックスカードやろー!!

誘ってきてます。

ゲームの体験談を知りたい方はこちらでも解説!参考記事⇒AGOカードゲームでフォニックス学習してみた【親子の関わりが成長の基礎にもなった】

発音がネックな方は、発音アプリを使用して遊ぼう

でも発音できないけど・・・

デメリットは親が発音ができた方がいいということ。

子どもが真似をして発声をするため、「発音する人」が必要です。

発音が得意なら問題はないですが、日本人は特有の発音完璧主義者が多く不安になってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで1~3レベルのAGOフォニックスカードゲームをセットで買うと、発音を確認できるアプリをダウンロードできます。

手段は、発音アプリを使用して遊ぶ方法。

3セットを買うともらえる特典として発音アプリがダウンロードできるシリアルナンバーがついています。

この発音アプリを手元に置いておきながら行うことで一緒に確認しながらゲームを楽しむことができます。

大人も真似をしながら、発音を覚えることができるため、一緒に学習ができますよ。

子どもも、大人も英語を学べて、楽しいという一石三鳥

反対に大人には、「英語耳」で学ぶという教科書を使用すると早く学ぶことができます。

参考記事⇒発音を分かりやすく教えてくれる本「英語耳」が子どもへの教育にも良い理由

「英語のみで話す」というルール

ゲーム中は日本語は使ってはいけないというルールがあります。

英語の学習という観点からは、英語のみで進めた方がいいのは分かりますが、私は行っていません。

英語だけにするには、まずはルールを子どもが理解してからの方が楽しめると思います。

何より大切なのは楽しくゲームをするということ。

英語だけしか話せないという負担を大きくすると、子どもだけでなく大人への負担も大きいですよね。

ここのルールは家庭ごとに調整することをおすすめしますが、もし親のあなたも英語学習をしたいのであれば、これはチャンス!

実際に英語の文章を取り入れてゲームを行うことで親の英語能力もアップすることができます。

大人の私も単語自体も初めて聞く単語もあり勉強になりました。

参考の声掛けフレーズ

It’s my turn./It’s your turn./Who’s next?/good job.

僕の番だよ/君の番だよ/次はだれ?/よくやった!

I won./I lost./draw a card./

買った!/負けた!/カードを一枚引く/

せっかくならじゃんけんも英語で初めてみましょう!

Rock paper scissorsと言って手を出す

日本とは順番が違うため、注意(グーパーチョキの順番です)

小学校に行くまでの期間が親子でまとまって遊べる最大のチャンス!

音の臨界期というネイティブ発音に近づける時期は10歳あたりまでです。

臨界期を過ぎてから、発音を学ぶことはできますが、ネイティブ発音にするなら10歳までに聞く土台を作る方が効率が良いです。

早期から音を学ぶと、リスニングにも影響があり、聞き取ることができるようになります。

それだけ、発音とリスニングの相関性が高いのです。

また、非認知能力も小学校に入るまでにより成長できるとされています。

非認知能力は環境により向上されることが多いため、「親子関係」が特に重要。

つまり、「発音の学習」と「親子関係の充実」の向上を図るなら小学校前までの時期が最適です。

もし一緒に発音を学ぶという熱量がある人はおすすめできます!

反対に、15分ほどとれる余裕がない人は、別の手段がいいかも。

時間がない人は1冊1分で読める読み聞かせはいかが?

参考記事⇒重要単語を覚えられる超定番絵本サイトワードリーダースのデメリットとは?【レビュー】

AGOフォニックスカードゲームが子ども英語初心者におすすめな理由 まとめ

  • 英語のフォニックスと単語を覚えるゲームとして優秀。
  • 非認知能力である自己肯定感やコミュニケーション、判断力にも有益。
  • 発音が分かる人が必要であるため、不安な人は3セットの特典である「発音アプリ」を使えるものを選ぶ。
  • 3つセットを買うと、順番にできるので、英語の学習時間を確保することができる。
  • 英語のみというルールのあるゲームだが、もちろんルールはそれぞれの家庭で調整できる。
  • 子どもだけでなく、大人の英語学習につながる。
  • 音の臨界期と非認知能力の学習のメリットを考えると小学校前が良いタイミング。

AGOフォニックスカードゲームを駆使して、子どもの英語学習と非認知能力の獲得を目指しましょう!

もう少し体験談が聞きたい!という方はこちらへ

参考記事⇒AGOカードゲームでフォニックス学習してみた【親子の関わりが成長の基礎にもなった】

今回紹介したAGOフォニックスカードゲーム

レベル1

レベル2

レベル3

レベル1~3のセット(発音アプリが使えるシリアルナンバーがあるのはこちら)

レベル4

LV1アクアAMAZON990円
楽天990円+送料
ヤフーショッピング 990円+送料
LV2 グリーンAMAZON990円
楽天 990円+送料
ヤフーショッピング 990円+送料
LV3 オレンジAMZON990円
楽天 990円+送料
ヤフーショッピング 990円+送料
3レベルセットAMAZON2970円
楽天2968円
ヤフーショッピング2970円
LV4 パープルAMAZON990円
楽天 990円+送料
ヤフーショッピング 990円+送料
値段早見表 2021年8月11日調べ

「AGO Q&A カードゲーム」というものもあるので間違えないようにしてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました