重要英単語くを学べる絵本サイトワードリーダースのデメリット!を超えるメリット!

  • サイトワードって?
  • サイトワードリーダースとは?
  • デメリットは?
  • メリットは?

どんな種類があるの?

という疑問がある方に向けて記事を書いています。

こんにちは、保育士のココ先生です。

子どもに英語を伝えるって難しいですよね。

長くサイトワードリーダースを使って子どもに伝えてきたその効果をお伝えします。

結論から言うと、「英語初心者は買って後悔しない本。しかし買ったときにはまず確認事項あり」ということ。

子どもの成長を日々考えている保育士である私が、サイトワードリーダースについて解説します。

スポンサーリンク

サイトワードリーダースとは

1ページに短い文章があり、計8ページ

アメリカでも読み書きを学習する際に使われているほどの超定番ベストセラーのセット本です。

1冊に付き、目標単語が2つ設定されていて、意味を絵で読み取りながら学習することができます。

短い文章が繰り返し乗っているために、1つの絵本で何度を英単語に出会うことができるようになっています。

ココ先生
ココ先生

初心者にうってつけの読み聞かせ絵本です。

絵から理解しやすいので、効果絶大です。

全部で25冊 サイトワードは50個覚えられる
ワークブックもついています。書き取り練習用に。

スカラスティックジャパン許可をいただき内容を紹介します。

それがこちら

My bear
My bearの中身

ターゲット単語である「My」「can」がしっかりと入っています。

ワークシートもついてるので、字を書いてみることにも対応しています。

ココ先生
ココ先生

ただ、書くことは初心者のころにやらなくていいと思います。

なぜなら、子どもにとって負担が大きいから。

参考記事⇒英語を書いて覚えると遠回りになる理由【幼児には聞く話すが優先】

そもそもサイトワードって何?

  • フォニックスのルールから外れた例外単語
  • 目で見てすぐに理解するべき重要な単語

のこと。

サイトワードの中でも考え方があるのですが、「ドルチワード」と呼ばれている 一番有名な考え方では95の名詞と220単語を段階ごとに区切ってあります。

フォニックスのルールで読めるもの75%とされていて、残りの25%がサイトワードになります。

フォニックスとサイトワードを学習すると、ほぼすべての英単語を読めるようになります。

サイトワードについてはこちらで解説。

参考記事⇒サイトワードとは?覚え方・教材・教え方【楽しく学べる保育士メソッド】

ココ先生
ココ先生

サイトワードは基本的には暗記するしかないという特徴があります

単体・CDセット ・ 音声ペン(G-TALK)セットの3つの選択肢

単体でも買えますが、発音が不安な方はCD付きのもの、時間が取れず子どもが一人で楽しんでほしいという方は音声ペン付きのG-TALKセットがあります。

聞いて学ぶ朗読CD

CDの内容: 76 トラック。

25冊分を収録。繰り返し聞くことで発音もよくなり、また、読みと綴りが結びついていきます。1冊につき、雰囲気の違う3種類の読み聞かせが収録されているので、飽きずに何度も聞きたくなるCDです。

1回目:楽しい効果音入りの子供の声。

2回目:発音のお手本となる男性の声。

3回目:バックグラウンドミュージック入りの女性の声。

https://scholasticjapan.themedia.jp/posts/1614294
ココ先生
ココ先生

BGM聞き流しを続けると、めちゃくちゃ効果が期待できます!

BGM聞き流しについては参考記事⇒子どもへの英語BGM聞き流しは効果ある?より成長させ頭打ちさせない方法

G-talk(音声ペン)

対応したシールを触れると音声が流れるペン。

セットのものを買えばデータはついてきます。

他の本にも応用するには、ある程度のパソコンのスキル(音源データの操作)が必要になります

G-talk単体でも買え、対応したシールの枚数が多い。(セットのものだとシールの枚数が少し少ないとのこと)

ココ先生
ココ先生

私は一人ですべてを行うことができると思うのは期待しすぎだと考えています。

小さいお子さんは結局一人では学習が続かないので、よく吟味した方が良いです。

サイトワードリーダースの使い方

  1. 表紙に書いてあるターゲットのワードを2つ読んで見せる
  2. 読む
  3. 最後のページにあるターゲットワードを一緒に音読する

という流れで毎回読んでいます。

この流れだと子どもへの負担が低いので、発声してくれました。

ココ先生
ココ先生

絵の内容と繰り返しのフレーズが理解しやすいため、学習を始めた子どもにベストな1冊。

読み聞かせの方法についての参考記事⇒これを知れば英語絵本も怖くない!子どもに読み聞かせ方法【完全解説!】

デメリット

主に3つのことに注意してほしいです。

  • 本の内容がダブっていたりするので確認が必要
  • CD付きの物を買いましたが、どの本が何トラック目なのか紐付けが無い(本に番号が書いてない)
  • 50個なので、サイトワードとしての量は少ない

購入したあとに、必ずチェックをすることを忘れずに!

本がダブっていることが多いとのこと。(本の冊数は変わらないので、1つ足りなくなってしまう)

本を買った際は、内容を確認してから使用することで防ぐことができます。

ココ先生
ココ先生

あとで気づくパターン多数。早めに確認を!

ちゃんと対応・交換してくれたと口コミが多数あり。

CDセットを買った際の注意点は、順番が分かりずらい

初めに確認した際に、本に通し番号を書いておくなどの対策が必要です。

一緒に本を読むときになってどれを読むのか分からなくなってしまいます。

ココ先生
ココ先生

BGM聞き流しにはあまり関係ありませんが、読み聞かせの時に困るかも。

ドルチワードでは95の名詞と220単語が設定されていますが、その中の50個

※本によるターゲット単語以外も含めればもう少し増えるかもしれません。

つまり、量が足りないために、代替案で補完する必要はあります。

しかし、初めの単語を学ぶためとしては、とっても優秀な絵本。

ココ先生
ココ先生

初めのステップにはまず50個。

デメリットを超える、英語のメリット3選!

敷居が低いので、長く使える

文章が簡単であるために、負担にならないから。

子どもたちは難しいと読みたくないと言います。

が、この絵本に関しては簡単な内容なために、1発で理解できるようです。

サイトワードを文章丸ごと覚えられる

簡単な文章なので超重要単語であるサイトワードだけでなく他の文章も覚えてしまうほど。

なぜなら似た文章が続き、音読への敷居が低く、取り入れやすいために、子どもはアッと言う間に言えるようになります。

8ページという短い本のため、所要時間はおよそ1分。

一度に何冊も読み進めることができる。

歓喜するほど、コスパ良し!

他の絵本であれば、1冊1500円ほどするものも多いけれど、25冊のため、単体で買えば、1冊100円ほど。

めちゃくちゃ安いです。

え?英語以外にも!?子どもの非認知能力にも良いんです!

主に3つ考えられます

  • 自己肯定感を獲得できる
  • 集中力
  • 学びに向かう力

これらの能力を非認知能力と言います。

ココ先生
ココ先生

小学校前には特に伸ばした方がいいとされている基礎的な能力です。

サイトワードリーダースに限らず、絵本の読み聞かせは大切な成長への習慣になりますよ!

非認知能力とは

テストの点数では測れない能力であるやり抜く力、意欲、自立、自己肯定感、コミュニケーション力、創造性、などの総合的な能力のこと。40歳時点での年収や幸福感にもつながることが分かっていて、幼児期に伝えられる能力として、一生ものとしての能力になる。

詳しくはこちら⇒【非認知能力とは何か】子どもの成長を見続けている現役保育士が解説

自己肯定感にも影響する

まず、親が絵本を読んでくれるという行動から、自己重要感を経て自己肯定感になります。

親が自分のためだけに読んでくれるという思いが、「大切に思ってくれている私は大事なんだ!」と考えることができます。

自己肯定感を高めることで、学力の基礎にもなりますよ。

参考記事⇒子どもの自己肯定感とは?高める方法を習慣に【非認知能力の土台】

集中力をより長く!

子どもは短い時間で集中が途切れます。

一度途切れ違うことをしていたとしても、再度集中させてあげてください。

今回の例だと「絵本」

絵本を読んでいるかと思えば、違う方面を見て、「あれはなに?」と明らかに集中するものを変えてしまったとします。

そんなときには、「あれは○○だね。次のページはどうなるのかな?」と本の内容に興味が持てるよう声掛けします。

その繰り返しが、集中力の経験値になるのです。

ココ先生
ココ先生

子どもの集中力は「年齢+1分」という短さ。

その限られた時間ないで集中できる経験を増やしていこう!

参考記事⇒【保育士が解説】子どもの集中力の時間【限られた時間で英語学習】

学びに向かう力が育つ

学びに向かう力とは、知りたい!という原動力や学ぶことへの行動をすることです。

これからの社会は変化のスピードが速いということが挙げられ、子どもにはその変化に対応できるだけの学びが必要です。

子どものうちから学びに向かう力を獲得することで、これからの社会を乗り切ることができます。

これには、親の学びに向かう力を見せることが良いです。

ココ先生
ココ先生

親も絵本を通じて「英語を学ぶ」と子どもの「学びに向かう力」を育むことができます。 詳しくはこちらでも解説。

参考記事⇒英語を親子で一緒に学習すると効果が上がる理由【何百人も成長させた保育士メソッド】

重要英単語くを学べる絵本サイトワードリーダースのデメリット!を超えるメリット!まとめ

  • デメリットは本の内容がダブっていたりするので確認が必要
  • 50個のワードでは量は足りないものの、重要な単語であるからしっかりと学ぶ

メリットは

  • 簡単な文章を繰り返し見れる
  • 音読への敷居が低く、取り入れやすい。
  • 8ページという短い本のため、短い時間で何冊も読み進めることができる。
  • 50個の超重要単語を覚えることができる。
  • 子どもが好きな本を選ぶことができ、意欲的に読むことができる。
  • CDがあれば、BGM聞き流しをして、読んでいないときにも学習をすすめることができる。

もし、あなたが英語教育をしようか迷っているのならこちらの本から始めるのがベスト!と思います。

本のみ

発音を学んだことがある人、また、自信がある方はこちら。

本とCD付きセット

発音に自信がないという方はこちら。

BGM聞き流しができるようになるため、CD付きがおすすめです。

BGM聞き流しをじっくりと取り組むことで、発音の成長も期待できます。

本とG-talk付きセット

音声ペン自体が少し値段が高いという欠点はあるものの、あまり子どもの読み聞かせができないという親はこちら。

セットで買うことで、データが入ったものが送られてくるため、すぐに使えます。

自分でデータを作ることもできれば、他の本にも応用できるため、利用価値は高い。

参考資料として

価格比較してみたところ、CD付きならAMAZONが安いですね!

AMAZON4290円
楽天7,315円
ヤフーショッピング6287円
値段早見表 2021年8月11日調べ

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

他にも子育て英語に関して有益な記事を書いています。

親の姿勢をまとめた記事になります。

よろしければ目を通してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました