サイトワードとは?覚え方・教材・教え方【楽しく学べる保育士メソッド】

  • サイトワードってなに?
  • どうやって覚えるの?
  • 効果的な教え方は?

これらの悩みを持つあなたに向けて記事を書いています。

こんにちは、保育士のココ先生です。

サイトワードとフォニックスを知ると、子どもは英語を一人で読めるようになります。

なぜなら、文字から音が言えるようになるから。

そんな英語の力を持てるようになるには、サイトワードの理解がとても重要なのです。

この記事を読むと、サイトワードの理解・教え方・おすすめ教材が分かり、

子どもに伝えられるようになります。

スポンサーリンク

えっ??サイトワードって?!

そもそもサイトワードとは、英語で書くとsight(視覚) word(言葉)。

  • フォニックスのルールから外れた例外単語
  • 目で見てすぐに理解するべき重要な単語

のことですね。

フォニックスで音を拾えても、例外(フォニックスのルールでは言えない単語)があるために、その単語をそっくりそのまま覚える必要があります。

※フォニックスとは、文字の音のことAアッ Bブッ Cクッ などの音。詳しくはこちら

ネイティブの子ともたちであれば、6歳前後(就学前~小学生低学年あたり)から学ぶことが一般的。

サイトワードの中でも有名な「ドルチワード」とは95の名詞と220単語を段階ごとに区切ってある考え方のことです。

ドルチワードリスト 95の名詞と220単語4歳で50個、5歳で50個など徐々に進んでいく
フライワードリスト1000語ドルチワードを補完するような単語が多く、こちらも段階的に学習していく
ドルチワードとフライワードの説明

どちらが良いのかという問題ではなく、どちらを扱うかと言うのは、個人の好みによります。

どんな単語があるかと言うと、

the we big red jump is yellow come one not funny can and run you blue little away me it pretty black white brown this are do want no all ran came but our new so ate what get that will ride yes was must they into four good like on eat she please soon went well at there am be with too say he now did out saw who under have

上記で計92個のサイトワードです。

ココ先生
ココ先生

どれも見たことがある単語ですね。

なんて言うの?という状態から、ほぼすべての単語が発音できる状態になる!

サイトワードだけでなく、フォニックスと組み合わせるととても効果があります。

実は、サイトワードとフォニックスが分かれば、ほぼすべての単語の発音が読めてしまうのです。

フォニックスのルールで読めるもの75%とされていて、残りの25%がサイトワードになります。

以上ができると、「子どもが自分で学ぶ」が楽にできるようになります。

なぜなら、文章が自分で読めるようになるからです。

ココ先生
ココ先生

地道ですが、確実に効果はあります。

驚くほどスっと頭に入る!サイトワードを覚える方法

方法はこちら

  • 絵本を読み、音を学習しておく
  • 単語を見せ、これは「〇〇」と読むんだよ!と1つの絵本に対して2つほど伝える
  • クイズでこれはなんだ?といくつかクイズを楽しむ

というやり方がおすすめです。

クイズ形式で楽しみながら行うことで、勉強感をなくすと良いでしょう!

基本的には「暗記」がメインの学習法なので、(英語学習を1年以上継続した)小学生以降に取り組むことが良いタイミングです。

では初心者(初めてから1年未満程度)は?というと、サイトワードのみにこだわらず、音の学習を通して総合的に触れていくことをおすすめします。

が有効な手段。

注意点

文字の読み取りは初心者にはおすすめしません。

なぜなら音の学習が初めのステップだからです。

極論、書き取りは話せるようになってからで十分だと考えています。

書き取りについてはこちらで解説

参考記事⇒英語を書いて覚えると遠回りになる理由【幼児には聞く話すが優先】

「伸びない」から「伸びる」大切な親の姿勢

重要なことは、

とにかく親子で楽しく行う!

これがとくに大切。

暗記だから勉強!という雰囲気を出してしまうと途端に、学習効率は下がります。

これは何百人も子どもたちを見てきた保育士として、 子どもによってさまざまな興味があります。

一律にこれがいいよ!と言いづらい箇所なのですが、だからこそ、親が子どもの興味にそって学習がもっとも効率が良いのです。

楽しく行う方法を親子で見つけてみてくださいね!

親の姿勢で変わるポイントはこちらでも詳しく解説

参考記事⇒子どもの英語は【親の姿勢】で決まる!お家学習の心得5選!

ココ先生
ココ先生

とはいっても、どんなものがあるか知りたい?

それなら、保育士の私が調べつくした、子どもが好きな教材を紹介。

私も持っている成長が実感できた教材

低年齢(英語初心者)には

  • サイトワードリーダース
  • ポケモンフォニックス

などの絵本の読み聞かせからクイズをする

小学生以降(英語1年以上継続)には、

  • pop for Sight Words Games
  • サイトワードスワット!

などの英語ゲームで楽しく言葉と文字を連動させる

がおすすめです。

サイトワードリーダース

この絵本は、名前の通りサイトワードを学習できるような本になっています。

全部で25冊で、50個のサイトワードを覚えることができ、絵から意味も類推できるような仕組みになっています。

ベストセラーにもなっていて優秀な絵本で、読むだけで、サイトワードを認識できます。

詳しくはこちらでも個別解説しています。

参考記事⇒重要英単語くを学べる絵本サイトワードリーダースのデメリット!を超えるメリット!

ポケモンフォニックス

子どもの大好きなポケモンでもできます。

裏表紙に単語が乗っているので、

この「one」という言葉はどこにあるでしょうか?とクイズを持ち掛ければいいのです。

好きなポケモンを通して学習することができますよ!

詳しくはこちらでも個別解説しています。

参考記事⇒アニメ英語教材で勉強?【ポケモンフォニックス】が、泣けるほど夢中になる理由4選

pop for Sight Words Games

箱からカードを取って、単語を言うことができたらカードをゲット!

というゲームです。

最後にカードをたくさん取っていたら勝ちなので、「どれだけ文字と発音を覚えることができるか」に勝敗の分かれ目がかかっています。

ほんとうに頭が良くなる世界最高の子ども英語という本でも紹介されている優良ゲーム。

全く知らないところからゲームを始めると困難なので、初心者向けて少しでも覚えてからがおすすめ。

サイトワードスワット

同じく、サイトワードをカルタのようにして楽しめるゲームです。

色ごとにレベル分けしてあるために、英語ネイティブがやっているように段階を通して学習ができるようになります。

ハエをたたくというハエ取りカルタ、子どもたちに盛り上がりますよ!

詳しくはこちらでも個別解説しています。

参考記事⇒【パチン!と叩こう】サイトワードスワット!レビュー【ゲームで楽しく学習できた理由】

思うようにできないとき

悩むママ
悩むママ

できるかな・・・

苦しい作業になりそうなら、子どもが取り組みやすい方法を改めてみましょう。

例えば、目標設定の改善。

子どもが目標にすると、自然と取り組めるようになります。

私は、絵本朗読のアワードの参加をしてみました。

こちらはスカラスティック社という英語教材をたくさん扱っている会社が行っている朗読の大会で、気軽に参加できました。

※現在は、終了しています。

子どもが楽しく参加できる目標を変えたわけです。

他にも

  • サンタさんに動画を送ろう!
  • ミッキーに動画を送ろう!

などを通してアルファベットに触れてもいいかもしれませんね!

まずは

  1. 動画で話す内容を書きだす。
  2. 文字を覚えてメモを読めるようにする
  3. 動画を取る
  4. ラインなど、メッセージを送る(送り先はおじいちゃんおばあちゃんでもメモでもよし)
  5. 返事が来た!と驚いた演技をして子どもに見せ、達成感を覚えてもらう

少し調べてみると、サンタさんから返事が届くサービス(PNP)もあるようです。※海外サイトです

ミッキーから動画で返事がくるサービスはこないので、親が秘密裏に画像メッセージなどを制作しておくという方法が必要です。

アイデア次第で、楽しく学習ができますよ!

ココ先生
ココ先生

あくまでも子どもが自分でやりたい!と思える目標を提示することが大切です。

これは自立という能力に関係します。

こちらで解説⇒子どもの「自立」とは?保育士おすすめ方法4選!【人生が幸せになる能力】

サイトワードとは?覚え方・教材・教え方 まとめ

サイトワードまとめ
  • サイトワードとは、目で見てすぐに分かるべき単語、フォニックスルールに沿ってっていない単語
  • 読み聞かせやBGM聞き流しから初めて、英語ゲームに移行する
  • 子どもの目標改善は有効な手段

親子で楽しく、サイトワードを学習していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました