【英語ゲーム】パチン!と叩こうサイトワードスワット!【学習は辛い?いや楽しい!】

  • サイトワードって何?
  • どうやって学ぶの?
  • どんな教材がある?

こんな疑問があるあなたに向けて記事を書いています。

こんにちは、保育士のココ先生です。

英語と触れ合えるために、どんなことをすればいいのか悩みますよね。

机にしがみつき、1つずつ教えていく・・・なんてやり方は良くないけれど、どうすればいいのか。

そんな悩みを私自身も持っていました。

いろいろなやり方を模索する中で、楽しみながら英語を学べる方法を知り実行しています。

自身でも子どもに英語を伝えるため、学習を始め、保育士として英語だけでなく成長にも良い教材を探して子どもと楽しんでいる私が、子どもへの成長にも良い英語学習ゲームを紹介します。

今回はサイトワードに効果的な「サイトワードスワット!」

学習は辛い?違います。ここだけの話ですが、

楽しいんです!!

スポンサーリンク

サイトワードスワット!とは

5つのレベル設定がある、カルタ形式のゲームです。

ハエ叩き4本・英単語カードが110個・日本語説明書が内包されています。

ハエは両面にサイトワードが書いてあり、すべて合わせると220個の単語があります。

1~4人用となっていて、楽しく遊べるようにカラフルなのが特徴です。

6歳以上(英語版では5歳以上となっています)

やり方は「カルタ取り」

  1. 親役が1つ読みあげる
  2. その単語を見つけてハエ叩きでぱちんと叩く
  3. これを繰り返し、多く集めることができた人の勝ちです。

というやり方になります。

ココ先生
ココ先生

絵の違いではなく、文字の違いを見るために英語学習に繋がります。

説明書き
内容

動画で確認

こちらは公式動画になっています。

日本語ではないものの30秒ほどで子どもたちが実際に遊んでいる様子を動画にしています。

Sight Words Swat! A Sight Words Game

購入したきっかけ

親子で楽しみたいという気持ちが多くあり、子どもの好きそうな形式であるハエ叩きの小道具があったのが良いと感じました。

勉強するぞという感じにはしたくないために、ゲーム性の高いものを探していました。

ハエがポップな表情でありとっても楽しそうと感じ購入しました。

ココ先生
ココ先生

ゲームを通して学習ができるのは、保育士としておすすめです

こんな人におすすめ

  • 親子で楽しみたい方
  • ゲーム形式が学びやすい子どもに
  • 勉強という感じではやりたくない方
  • フォニックスを子どもがある程度理解できている方

にはピッタリなゲームとなっています。

フォニックスを理解できていると、初めの文字だけでも推測できます。

そのため、完全に初めてという子どもよりはフォニックスをある程度分かるレベルの子どもと遊ぶことがおすすめです。

年齢も小学生以降(何年か英語学習を継続している子)あたりが対象です。

フォニックスについてはこちらで解説しています。

参考記事⇒【初心者向け】220円の教材で子どものフォニックストレーニング【保育士の教え方】

えっ!?サイトワード??

サイトワードとは(Sight 視覚 Word 言葉)

  • フォニックスのルールから外れた例外単語
  • 目で見てすぐに理解するべき重要な単語

のこと。

サイトワードの中でも有名な「ドルチワード」とは95の名詞と220単語を段階ごとに区切ってある考え方のことです。

ネイティブの子ともたちであれば、6歳前後(就学前~小学生低学年あたり)で学ぶことが一般的。

フォニックスのルールで読めるもの75%とされていて、残りの25%がサイトワードになります。

フォニックスとサイトワードを学習すると、ほとんどの単語は書いて読めるようになります。

覚え方

フォニックスのルールから外れた単語なので、基本的には暗記するしかないという特徴があります

つまり、「目で文字列を見て、言葉にする」ということを繰り返し繰り返し行う必要があります。

ココ先生
ココ先生

ゲームを通して単語を見る+単語の発声をするということで学ぶことができてきます。

サイトワードについてはこちらで詳しく解説しています。

参考記事⇒サイトワードとは?覚え方・教材・教え方【楽しく学べる保育士メソッド】

驚くほどの、良い点

220個のサイトワードがゲームの中に入っているため、大量のサイトワードが学ぶことができます

ドルチワードの315個の中から220個のため、ほぼ70%はカバーできる計算になります。

レベルごとに段階的に学習できるようになっていて(全部で5段階あり)子どもの学習内容に応じて単語を覚えることができます。

ココ先生
ココ先生

1つのゲームを長く使えるためにコストもかからないというメリットもありますね

一緒に、楽しく覚えられる

ゲームのため、親子で楽しく覚えられる。

子どもはゲームが大好きです。

親も「子どものために」ではなく、できる限り「一緒に学ぼう」という気持ちを持ってゲームに臨むと良いです。

親子は学友となって英語に取り組むことで、子どものモチベーションがアップします。

なぜなら、「親と一緒」というのは子どもにとって何よりも安心するからです。

だから親子で楽しくゲームに取り組むことができるサイトワードスワットはおすすめです。

買ってやってみた結果

実際に子どもとこのサイトワードスワットを行ってみて、

娘

やってみたい!

はじめてみたときからとってもやる気満々な様子。

始めは5個からはじめ、数を増やすというやり方をしてみた結果。

他の音でとれるカルタよりは難しいと感じました。

なぜなら基本的には「暗記」することがサイトワードの覚え方のため、法則などは教えることができない。

そのために、暗記をするためには「単語を見て読む」という回数をこなすことが必要なのです。

繰り返し繰り返し行うことで、現在、少しずつですがサイトワードを覚えている様子。

量があるために、これから何か月もかけながら学習をすすめることになります。

くり返し行っているにも関わらず、もう一度やりたい!と言うことがあり、ゲームの楽しさを十分に味わっています。

ココ先生
ココ先生

が、ある程度行うとぱったりとやらなくなりました。

原因は、まだ早かった!という点。

英語学習半年ほどではまだ負担が高かった・・・。

ということで、1年過ぎたらまた再挑戦する予定です。

非認知能力

非認知能力も一緒にゲームを行う中で身に着けることができます。

非認知能力とは

テストの点数では測れない能力であるやり抜く力、意欲、自立、自己肯定感、コミュニケーション力、創造性、などの総合的な能力のこと。周りの人間関係から学ぶことが多い。ペリー就学前プログラムという実験では、40歳時点での年収や幸福感にもつながることが分かっていて、幼児期に伝えられる能力として、一生ものとしての能力になる。

参考記事⇒【非認知能力とは何か】子どもの成長を見続けている現役保育士が解説

ココ先生
ココ先生

非認知能力は子どもが小さいころから伸ばすべき能力です。

算数、国語などの認知能力の基礎になります。

親子の関わり

親子の関わりは非認知能力の土台として重要です。

親との関わりが少ないと精神的に不安定になりがちで、成長にも影響します。

親子の環境が子どもの生活時間の中でも長い時間を占めているためです。

親子の関わりが良くなるほど、子どもの非認知能力が良くなると考えられます。

サイトワードスワット!を通して楽しく親子の関係づくりをすることができます。

自己肯定感

親に認められているという感覚をもつことが子どもの自己肯定感を育てます

誉めると認めるは違いがあり、「成功しても失敗しても関係なく私は認められている」という思いが大事。

自己肯定感の少ない子どもは、新しいことに挑戦してみようという姿勢が見られなくなりがちです。

なぜなら自分に自信が持てずに、やってみようという気持ちにならないからです。

新しいことをすることは成長にとても重要。

親子の関係が良くなると、自己肯定感にもつながります。

ココ先生
ココ先生

間違いを指摘せずに、あくまでもゲームを一緒に遊んで楽しかったね!

と終わることがポイントです。

参考記事⇒子どもの自己肯定感とは?高める方法を習慣に【非認知能力の土台】

集中力

数が多いので、最後までやるには時間がかかります。

子どもの集中力は「年齢+1分」と言われています。

そのため、途中で「気が散る」姿を目にすることがあるかもしれません。

が、その際は怒ったり、指摘したりせずに、さりげなくゲームに戻してあげましょう。

「じゃあ、次のカードは・・・!!!」

とわざと大げさに楽しそうに言うことで、子どもは自然とゲームに戻ります。

その集中への繰り返しが、集中力を伸ばす経験になります。

ココ先生
ココ先生

疲れたときには、水飲み休憩がおすすめ。

水を飲むと集中力が高まるという研究もあり驚きです。

参考記事⇒【保育士が解説】子どもの集中力の時間【限られた時間で英語学習】

デメリット

ここからは、このゲームのデメリットを解説します。

意味とは連動しない

カルタの文字だけを見て取るという行動のため、その特性上意味は理解することができません。

そのため、サイトワードを意味から学ぶために絵本を並行して行うことをおすすめします。

サイトワードリーダースという本では50個のサイトワードが学べる定番絵本です。

絵本の読み聞かせとゲームで楽しみながら、という多角的な学習からサイトワードを学ぶと学習効率が良いです。

サイトワードリーダースの単語とサイトワードスワット!のLV1の単語は8~9割ほど連動しているため、並行して行うことで意味と文字を繋げることにとても効率が良いです。

参考記事⇒超定番絵本サイトワードリーダースのデメリットとは?【レビュー】

一人、二人ではできない

一人からゲームができるとかいてありますが、子どもは一人でゲームはできません。

なぜならつまらないからです。

カルタは取るための勝負をすることが一番の盛り上がるポイントです。

つまり、一番面白いのは、「読み手1人と子どもたち2人以上」です。

そこで、読み手と子ども1人でも楽しめるように単語リストを作りました。

これを読めば、大人と子どもが対等に勝負ができます。

記事の最後で配布しています。※配布終了時期は未定です。事前報告なしに終了する可能性があります。

大人が発音ができないよりも、やはりできると効果的

サイトワードの学習は「音」と「文字」の暗記になります。

発音がきれいな方が再暗記しなくてすみます。

つまり、発音を親ができるようになるか、音源を用意するか、という手段が必要です。

残念ながらこのゲームに沿った音源はありません。

正直あまり発音は気にしなくてもかまいません。

ジャパニーズアクセントでも発音しようという気持ちがあればいいのです。

それでも発音が気になるよ!という方もいると思います。

そこで、親ができるようになるには、

  • 発音の本で学習する、
  • 動画で一緒に学ぶ

どちらかの方法が必要です。

私のおすすめは英語耳という本。

1か月もしないくらいで仕上げることができました。

おすすめの動画はこちら。

Meet the Sight Words – Level 1 (FREE) | Preschool Prep Company
ココ先生
ココ先生

子どもの発音の修正はBGM聞き流し法を行うことで、自然と音を改善することができます。

そのため、あまり発音にこだわりすぎるのはやめましょう。

参考記事⇒親が英語を話せないが子どもに教えて大丈夫?具体的な方法も解説

多角的な学習

動画と読み聞かせとこのゲームを通して3方向からのアプローチをすることで少しずつですが、単語を覚えることができます。

暗記は、その単語を出会うことがすべて。

何度も何度も繰り返し出会うことで記憶することができます。

これは大人の学習にも有効で、1つの単語をずっと書き取りして覚えるよりも、「1ページすべての単語を音読し、次の日も復習して2ページ目をやる」というやり方が有効です。

つまり、期間を置いて単語を見直すことで暗記効率が上がるのです。

そのため、アプローチを増やした方が学習効率が上がりますよ。

単語リストを作成しました

フォニックスとサイトワードを覚えることができると9割ほどの言葉が読めるというほど効果のあるもの。

サイトワードは暗記することが必要な学習スタイルなので、基本的には時間がかかります。

そのために、小さいころから少しずつ少しずつ伝えていくといいでしょう。

あまり肩肘を張らず、時々、気持ちが向いたら行うという取り組みでも十分です。

そのためにサイトワードを学べるための準備だけはしておくことが必要です。

サイトワードスワットとサイドワードリーダースとの関連語句についてもまとめました。

ほとんどがLV1の語句に当たるため、並行して行うことで相乗効果を狙うことができます。

期間限定でPDFファイルをダウンロードできます。

印刷してお使いください。

※予定なく配布を終了します。

パチン!と叩こうサイトワードスワット!まとめ

サイトワードスワットとは、サイドワードに沿ったカルタゲーム。

そもそもサイトワードとは

  • フォニックスのルールから外れた例外単語
  • 目で見てすぐに理解するべき重要な単語

である

このゲームを通して、非認知能力は

親子の関わり

自己肯定感

集中力

が育まれます。

動画や絵本の読み聞かせとともにゲームでも学習することで、学習効率を高めることができます。

一緒に英語と非認知能力を高めましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました