英検ジュニア「ブロンズ」!試験内容、注意点や子どもの英語能力は?まるっと解説

  • 英検ジュニアってなに?
  • どんな試験?
  • どんな英語能力が必要?
  • どんな学習がいい?

という疑問を持つあなたに記事を書いています。

ココ先生
ココ先生

こんには、英語と保育士の資格を持つイングリッシュエキスパート保育士のココです。自身で学びながら、子どもにも英語を教えています。

英検ジュニアって知っていますか?

子どもが英語を楽しめるようにできた子ども向けの英語テストになります。

実際に受けた結果、「子どもが次もテストやりたい!」というようになりました。

子どもを育てる保育士として、子どものやりたい!という意欲は本当に大切にしているため、英検ジュニアを受験して本当に良かったと感じています。

そこで英検についての全てをまるっと解説します。

【英検公式教材】英検 Jr.にリスニング教材が登場!おうちでできる。

スポンサーリンク

英検ジュニアとは?

大人であれば「英検」というものを学生の頃に受けたことがあるのではないでしょうか?

それの子ども版が「英検ジュニア」です。

英検ジュニアの特徴は大きく3つ。

全てリスニング

書き取りはなく、リスニングをしてその答えにあったイラストを選ぶという方式になっています。

合否というものはない

ここまでできた!という達成感を感じてもらうためのものなので、合否というものはありません。

一応の目安が80%を超えると次の階級にも挑戦できる能力が認められます。

(80%を超えなくてもどの階級も挑戦可能です)

大切にしているのは、どこまで「できた!」を実感することです。

オールカラー

すべてカラーがついていたり、ゲームで学習できるようになっていて、学ぶことも可能になっています。

保育士から見ても、取り組みやすい要素が散りばめられています。

英検との違い

英検の一番簡単な級は「5級」です。

英検5級は字の書き取りがあるのに対して、英検ジュニアは書き取りはありません。

つまり、小学生までの学習者に最適なものになっています。

リスニングに関しては5級よりもやや難しいといった内容です。

階級ブロンズシルバーゴールド5級
試験内容リスニングリスニングリスニングリーディング
ライティング
リスニング
時間30分3545筆記25分
リスニング20分
テスト費用オンライン2300円
(ペーパー版2500円)
2500円
(2700円)
2700円
(2900円)
3000円
合否なしなしなしあり
対象小学生低学年中学年高学年中学生1年生
特徴オンライン版ならいつでも
受験可能
オンライン版ならいつでも
受験可能
オンライン版ならいつでも
受験可能
年3回
英検ジュニアと英検5級の比較表

パッケージの種類

ペーパー版は塾や学校、友だち同士集まってなどの集団で受けることを設定されています。

オンライン版は個人で受けることを設定されていて、個人の方はこちらのオンライン版を受験することになります。

テストを受ける前に

  • テスト(3か月に以内に1度受験)
  • ラーニング (学習ゲームができます。)
  • フルパック(勉強+テスト)

という3つの選択肢があります。

テストは2300円(ペーパー版は2500円)

ラーニング1カ月利用可能3カ月6カ月
ブロンズ200039006000
シルバー200039006000
ゴールド200039006000
ラーニングのみの費用
フルパック1か月利用可能3か月6か月
ブロンズ3900円54007300
シルバー4100円56007500
ゴールド4300円58007700
フルパックの費用

テスト

今回はブロンズのテストを受験してみました。

費用は2300円をクレジットで支払い、メールなどの登録を済ませます。

テストは基本的に3択問題で、ナレーションに合わせた状況をイラストから選びます。

基本的には単語が聞き取れれば分かります。

単語だけでも合格できるのは、なぜか。

それは「ひっかけ問題はない」からです。

フレーズはたくさんでも、単語が聞こえればそのイラストを決定できます。

一応の傾向を記しておくと

1
8問
This is ~.
These are ~.
That’s ~.
There is ~.

6問
Chold you ~?
Is it ~?


5問
Yes, I do./NO, I don’t.
Yes, we are./No,we are at(場所).
Do you like~?/want~?/have~?

4問
What do you want ~?
I want ~ and ~.
3
4問
What am I?
Yellow,black, I’m fly.⇒回答「Bee.」

5問
Don’t touch ~.
Don’t run.

8問
IT’s ~.
I’m putting on ~.
チャレンジコーナー
4問
点数に入らないもの。
テストを受ける子自体への質問があります。
Are you ~?
大まかなフレーズ

こんなフレーズがたくさんあります。

くり返しになりますが、大事なのは「単語力」。

フレーズを覚えていなくても、回答はできます。

受験前の注意点

受験できる機器が決められている。

スマホやファイアタブでもできると良かったのですが、私の持っている機種ではできませんでした。

判断するには、ここのサイトでできます。

やる前に確認してみてください。

パソコンでの受験の注意点

結局パソコンでやることになったのですが、設定の確認が大切です。

特に

  • 音量の確認(大きくないと、テストが受けられない)
  • マウスの使い方の確認(マウスの決定ボタンやカーソルの動き)

が必要でした。

マウスの使い方

特にマウスでの使い方に苦戦しました。

特に、回答しようとしていても「選択できない」ということが多かったです。

理由は「ドラッグしてしまうから」

マウスの使い方が分からずドラッグしてしまうことにより、選択できずに落としてしまうということが頻発していました。

そんため、「カチッと押すときにマウスは動かさない」

という知識を伝えておくことが必要でしょう。

間違えたときに修正

間違えたときに、回答を直すこともできるのですが、基本的に直すことができませんでした。

というのも、「時間制限があるため」

一度回答したあとに直そうとしても、時間が足りず次の問題に移ってしまう。

その際に

娘

あっ!

直せなかった!!

気持ちが次の問題に移っていないことが多くありました。

その際には「OKOK!次に切り替えよう!」と親が一言声をかけてあげると良いと思いますよ!

パソコン慣れには

ある程度練習問題をしておくと気楽に受験ができるでしょう。

その方法はラーニング。

実は「テストのみ」のプランでも、一部ですが「ラーニング」もできます。

一部ラーニングの紹介

試験を受ける前に、ラーニング(一部)をやってみましたが、

  • 単語を音で学べる
  • ゲームで楽しい
  • パソコンの使い方に慣れる

ということができました。

画像付きで紹介します。

テストに出てくる単語が学習できるというラーニング。

ラーニングのカテゴリー

様々なカテゴリーから1つを選ぶと、

スーパーマーケット

こんな画像が広がります。

この中の一部分を押すと、

スーパーマーケット「アップル」

「apple.This is an apple.」という音声が出てきます。

娘

apple!!

やっていると子どもも自分で発音をして学習してます。

クリアできるとゲームができる!

すべての単語を選ぶことができたら、ゲームができるようになります。

これは復習用になっていて、今まで出た単語をクイズ形式で答えるような形になっています。

英検ジュニア 動体視力ゲーム

「かんたん」を選びましたが、結構早いので難易度は高めと感じました

他にも

シャッフルゲーム、もぐらたたきなどゲームがたくさん用意されていましたよ!

子どもの反応はというともちろん

娘

もっとやりたい!

というくらい好評でした。

肝心のテスト結果は

一応、80%以上は行くことができました!

子どもの様子を見ると

娘

??・・・何この山??

って感じでした。

合否を目標にしないと、クイズ感覚なので急にできたかどうかを見せられても理解できなかった様子。

復習できるようにこんな感じで回答が送られてきました。

復習した結果。

子ども本人は

娘

Riverって川なのね。

って妙に納得していた部分もありました。

終わった後

英検ジュニアを終わって、どうだったかを子どもに聞いてみました。

娘

楽しかった!

次もあるならやってみたい!

とのこと。

とりあえず、英語を楽しむことができたようです。

親として、子どもを育てる保育士としても「楽しむ」ことが最重要のため、英検ジュニアは良かったと思います。

にしても、せっかく受けるのですから合格はしたい!という親の気持ちはとっても理解できます。

つぎはやっててよかった学習をまとめました。

やっててよかった学習方法はこちら

合格するためには、とにかく音で理解することが必要です。

そのためにしておいてよかったことをまとめました。

100均トランプでカルタ遊び

ダイソーの英語トランプは優秀で、単語を学習しながら遊ぶことができます。

  • カルタとり
  • What’s missing?

などが楽しいのでおすすめです。

参考資料⇒100均一英語トランプで英単語学習ゲーム【What’s missing!?】

AGOカードゲーム

AGOカードゲームも単語がかなりの数を乗っています。

基本は発音のトランプゲームなのですが、イラストを読みながら覚えることができますよ!

参考記事⇒AGOフォニックスカードゲームが子ども英語初心者におすすめな理由【レビュー】

モンスター with バルーン

感情や形、体のパーツを覚えられるトランプゲームはこちら。

数も覚えられます。

参考記事⇒【モンスターウィズバルーンス】ゲームで感情やパーツの形などの英単語を学ぶ方法

音の出る辞典

音声ペンを使っての学習は、効果があると感じます。

基礎的な単語は、網羅されていたので、それによって学習できました。

参考記事⇒音声ペンで英語学習【しゃべるペン付き小学生の英語絵ずかん】

大人は英語耳

子どもだけでなく、私は発音の練習をしました。

英語耳という本で、発音を学び、1か月ほどで学習することができました。

子どもとカルタをするにも、絵本の読み聞かせにも使用することができるので、めちゃくちゃやって良かったです。

娘

(親の学習を見て)私も英語のテストやる!

と親の真似から英語にも前向きになっていました。

参考記事⇒発音を分かりやすく教えてくれる本「英語耳」が子どもへの教育にも良い理由

英検ジュニア「ブロンズ」!試験内容、注意点や子どもの英語能力は?まるっと解説まとめ

  • 英検ジュニアは英語を楽しめるツールとしても有効。
  • クイズ形式で楽しめる。
  • パソコンだと操作に難あり。

特に英検ジュニアを通して次もやってみたい!という気持ちがあらわれたことがとても嬉しく感じましたよ!

これを機会にぜひトライしてみてくださいね!

【英検公式教材】英検 Jr.にリスニング教材が登場!おうちでできる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました