【子ども英語】YOUTUBEでの失敗から学ぶ利用法【初心者はNG!】

子どもへの英語教育にYOUTUBEを使おう!

そんなあなたにに向けてこの記事を書いています。

こんにちは、保育士のココ先生です。

娘の「ディズニープリンセスと英語で話したい」を実現するべく英語に取り組んでいます。

YOUTUBEで英語教育って私も考えました。

で、記事のタイトルにある通り、失敗。

全く英語ができない私が、子どもに英語教育をするために、私自身が学び初め、もうすぐ3年。

子どもの成長を願う保育士としての視点を踏まえ、記事にしています。

はじめに結論をまとめると

  • 関連動画に注意が向けられてしまう
  • 英語学習の中心にはならない

ということが分かりました。

この記事を読めば、あなたもYOUTUBEで英語学習のデメリットを学び、うまく利用できる方法を知ることができます。

スポンサーリンク

【体験談】YOUTUBE動画を見て学ぶを実践

実際に娘(5歳)に英語アニメをテレビに映して見せてみたときのこと。

娘はほとんど英語が分からず、動画内の動きを見て楽しんでいるようでした。

が、そこで

娘

これがいい!

と関連動画を指さします。

それは英語ではなく、日本語の動画。

親としては、

ココ先生
ココ先生

英語の学習にならないから見せたくないな。

と考え、英語の動画をすすめました。

初めはそれでよかったのですが、徐々に娘も主張してきます。

そして、今後もこういうやり取りが続くことになるのです。

娘

それが見たい!

という娘の思いを遮るというのは、

娘

英語のしか見せてくれない・・・。

というストレスを子どもに与えているような状況になります。

つまり、YOUTUBEの関連動画がネックになってきてしまうのです。

他の動画を見せずに英語アニメを見るという構図は、進むと「英語嫌い」に繋がってしまうため、動画視聴はすぐに辞めました。

やってみた結果 もし英語学習で動画を使うのなら

  • 長めの動画を選ぶ――短いとそれだけ関連動画が多く表示されるため
  • 「この動画を見たらおしまいだよ」と次の動画はないことを示しておく
  • 動画のチョイスは先に考えておく

ということをすると子どもが惑わされないですみ、英語学習に集中できると知りました。

動画は

などがおすすめでした。

時々、動画に手伝ってもらう

娘の英語に関わる時間を、増やすためには何とか英語のアニメを楽しめるところに持っていかなくてはなりません。

そこで、動画のルールを設けました。

  • 我が家のルールは17時から18時まではテレビ見てもいいよ(休日の場合)

これは晩御飯を用意する時間のため、一緒に遊ぶことが難しいからです。

  • 18時以降にご飯がまだ作れていなければ、英語アニメなら特別に見ていていいよ。

としています。

テレビが終わる18時ごろには

娘

え~もっと見たいー!!

と必ず言います。

そこで、ご飯がまだできていないことを知ると、

娘

じゃあ、英語見る~!

と嬉しそうな表情で英語を見るようになりました。

ちょっとだけ、「特別な時間」となっているようです。

ココ先生
ココ先生

もうすぐごはんの用意できるよー!

と事前に言うことで、もともと特別な時間であるために「予定よりも長く英語が見れてラッキーだった」と感じてやめることもできるようになっています。

時々英語の動画を見て、発音を真似している様子もあることから発音に良い影響がありそうです。

YOUTUBEで英語教育は補佐役

  • 英語アニメ
  • 体操

はYOUTUBEで取り入れやすい英語学習方法ですよね。

アニメで英語に親しみ、体操で体を動かしながら学び、歌を歌ってアウトプット・・・などなど。

ココ先生
ココ先生

私もいいんじゃないかなぁと思い、やってみたため、よくわかります。

実は、初心者にこそYOUTUBEはおすすめしない理由があるのです。

やってみた結果分かったことは、「YOUTUBEはあくまでも補佐」からです。

YOUTUBEは確かに英語に触れる機会を与えてくれますが、学習の中心はなりません。

動画のような断片的なインプットだけでは、成長に限界がきます。

YOUTUBEはあくまでも補佐役としてなら有効ですが、学習の中心は違う方法が必要でした。

学習の中心としては、

  • BGM聞き流し
  • 読み聞かせ
  • 英語ゲーム

をすることがおすすめだとわかりました。

参考記事⇒心から楽しめる子供向け英語教材6選【初心者へのフォニックス学習】

YOUTUBEで垂れ流し英語教育

ずっと英語を聞かせていくために動画を流すという英語の教育法も確かにあります。

  • 自然に会話を耳にすることができる
  • 動画の様子から内容を察することができ、言葉とリンクして学習ができる
  • エンタメを楽しむことで英語を楽しむことに繋がる

などのメリットはあります。

が、これに関しては、他の能力を犠牲にして行う諸刃の剣と考えています。

ココ先生
ココ先生

保育士としては、動画を見せるよりも他の遊びをすることが子どもの成長に繋がります。

英語を聞いて覚えるには、2000~4000時間かかるとされています。

その時間を英語だけ見せてじっとさせておくとどうなるでしょう?

子どもは英語に関する知識は増えるかもしれませんが、

  • コミュニケーション能力
  • 運動能力
  • 集中力
  • 情緒の成熟など

幅広い能力それも子どもにとって最重要な能力が育たなくなります。

ココ先生
ココ先生

保育士をしてきて、テレビ漬け、ゲーム漬けなどの子どもは総じて体が弱かったり、自分の気持ちが抑えられずカッとなりやすかったりという問題行動が増えてしまう子どもが多いです。

つまり、英語もできるが、他の能力も育てる必要があるのです。

そんなわがままな成長を望む我ら親としては、YOUTUBEはあくまでも「時々」「時間を区切って」

が必要であり、動画をずっと見させておくという方法は向いていません。

YOUTUBEでの失敗から学ぶ利用法 まとめ

YOUTUBEでの学習は

  • 自然に会話を耳にすることができる
  • 動画の様子から内容を察することができ、言葉とリンクして学習ができる
  • エンタメを楽しむことで英語を楽しむことに繋がる

というメリットはあるものの、

  • 英語動画は学習の中心にはならない
  • 関連動画に注意が向けられてしまう

という問題点があります。

そこで、

  • 長めの動画を選ぶ――短いとそれだけ関連動画が多く表示されます
  • 「この動画を見たらおしまいだよ」と次の動画はないことを示しておく
  • 動画のチョイスは先に考えておく

ここに注意して行ってあげてくださいね!

フォニックス学習では、

  • 動画
  • BGM聞き流し
  • フォニックスカルタ取り

を進めています。

まだ初めて1か月。先は長いようです。

また、YOUTUBEよりも動画DVDというやり方もあります。

関連動画が出ないので、コストがかかりますが、いい教材です。

無料でサンプルもらえます。

気になる方はこちらからどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました