子どもの英語の目的を整理してみた

子どもの英語の意欲が減ってきたような気がしてきたと思う

思えば、半年以上行ってきて、初めのころの目新しさは減ってきた私の娘。

こんにちは、保育士のココ先生です。

このサイトでは、「ディズニープリンセスと英語で話す」を目標に、私の娘の英語学習を発信しています。

今までは、

  • 英語の読み聞かせ
  • 音読

を中心に学習を進めてきました。

今回は、私の英語の熱が高くなりすぎてしまってはいないか、娘の英語の思いを聞くことにしました。

以前からの目標であった、

  • 「プリンセスと話したい」この気持ちはまだ健在かどうか
  • 「今まで読み聞かせやゲームなどしてきたが、どういうやり方がいいか」

この2点について話してみました。

スポンサーリンク

プリンセスと話したいという目標について

まだプリンセスと話したいとおもってる?

娘

話したい!

ということで、目標が変わらないことに一安心した私。

そのあとに

どうしたら、プリンセスと英語で話せると思う?

娘

んー、プリンセスの言葉を覚える!

それと、話したい言葉を覚える!

じゃあその二つをするには、どんなことが必要だと思う?

この質問にはなかなか答えがすぐ帰ってきませんでしたが、私は返事があるまでじっと待ちます。

娘

動画で覚える

それと、話したいことを考えておく

とのこと。

動画でプリンセスが実際に話している言葉を覚えるということが、娘の中では大事ということが分かります。

同時に、話したいことを考えることが、英語で伝えることにつながるとの返事がありました。

娘の意識の中で、英語をやるという意味があるのが、この二つになりそうです。

発音がないという問題点

発音を大事にしていきたいと考えている私の中では、娘の意識の中に発音に関する項目がないことが気になりました。

そこで、率直に聞いてみることに、

英語の音が上手になるのは必要だと思う?

娘

あまり思わない・・。

なんと、英語の核であるフォニックスに対して、あまり重要に思っていないことが判明!

(めちゃくちゃショック!・・・)

そうなんだ・・・・。

でも英語をやる上で、フォニックスはさけられないと考え、こう答えました。

発音ができると言葉も伝わりやすいから、私としてはやった方がいいと思う。

時々でいいからやろうよ。

ということで、表にこちらを付け加えました。

「やりたくないことをやった方がいい」という言葉に、「う~ん」と言っていた娘。

ココ先生
ココ先生

ゲームとかで一緒に遊びながらやろ!

娘

(ゲームなら)やる!

ということで、ゲーム形式ならできるとのこと。

苦手なものは徹底的にレベルを子どもに合わせることが必要だと痛感したできことでした。

目標の整理をすることで、子どもの思いを知る

今回の話し合いで、娘の思いを知ることができました。

基礎をしっかりとするのではなく、プリンセスと話すための実践的な内容を知りたいということが分かりました。

今回の話から、娘の思いを知り、さらに学習に生かすことができるでしょう。

何をやりたいのか、自立や意欲の向上につなげることができるでしょう。

そして、何よりも娘の思いを尊重することができます。

ココ先生
ココ先生

保育士をしてきて、子どもの意思を尊重することは自己肯定感に影響するとても重要なことです。

そのため、どんなに小さい子どもでも一人の人間として思いを受け止める必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました