子どもの英語勉強はいつから?子どもの成長の視点から保育士が回答

  • 子どもの英語教育について
  • 何歳から行った方がいいのか
  • どういうことを行った方がいいのか

を知りたい方に向けて記事を書いています

こんにちは、保育士として働いているココ先生です

子どもの教育について迷いますよね

特に英語が今後必要になることで、親である私は全然できない・・・という方もいると思います。

この記事を読めば、

  • 何歳から
  • どういう学習を進めればいいのか

を知ることができます。

この記事の結論から話すと、

「3歳から英語を楽しむこと」です

解説します

スポンサーリンク

3歳から子どもははっきりと好き嫌いが出る

保育士としての視点からなぜ3歳かと言うと、好き嫌いが出ることで、子どもの「好き」を通して英語と関わることができるからです。

「好き」ベースの学習は「3歳からがベスト」

ほんとうに頭がよくなる世界最高の子ども英語より引用

英語は長期的な学習が必要なので、「好き」なことを通して行うことはモチベーションにかかわります。

そのために子どもの興味あるもの、好きなものを英語学習に取り入れて行うということができるようになります。

  • 好きなキャラクターの絵本を使ってみたり
  • カルタゲームを通してゲームを楽しみながら行ったり
  • 体を動かすことが好きなら体操などを通して行ったり

といった取り組みをするといいでしょう。

保育士として何百人も子どもたちのことをみてきた私ですが、3歳をすぎたあたりになると英語と日本語の区別がつく子どもも増えていきます。

そのため、日本語の言葉は日本語の脳の領域に、英語の言葉は英語の脳の領域に別々の領域に知識と入ることができ、言語学習の混乱が少ないです。

日本語と英語がごちゃごちゃになるという不安がある方は、BGMとして英語の歌を聞いて、英語を耳に入れておくということに専念しておいて、4歳近くになってからでもいいでしょう。

また、2歳あたりで、好きなことが見つけられたとしても、日本語の確立をもう少し待ってあげてからでも遅くはないです。

会話のやり取りがスムーズになってきた3歳あたりがおすすめです。

注意点として

年齢が後になるにつれ、「なぜ英語を学ぶのか」という理由を気にするという子も出てきます。

「英語を学ぶと楽しいことや便利なことがある」

英語がなくても生活ができる生活では、どうしてわざわざ英語を学ぶのかが子どもは分かりにくいです。

英語学習を始める前に分からなくても、親子で学習をしているうちに見つけられるといいですね。

参考記事⇒【子ども英語×保育士】英語学習の始まりと目標設定【プリンセスと話したい】

「好き」が出てきたら、「英語を楽しむ」が最優先

早期教育のメリットは、吸収スピードが速いという点です。

しかし、3歳になり「好き」がはっきりしたからといってガツガツと勉強を進めるようなことはやめてください。

「好き」を大事にすることは、「英語が好き・楽しい」という感覚を子どもに持ってもらうことが大事です。

机に向かって英語を勉強するのではなく、英語を使って楽しむという土台を子どもの中に作ることを意識してください。

英語で楽しめるようになれば、この後の何年も続く学習期間を積極的に取り組めるようになります。

学習効果はすぐには見えません。

半年後、一年後、もしかしたら二年後やっと効果が出てくるかもしれません。

日本語も生まれてから1年以上かけてから「ママ」などの単語が出ますよね。

だからこそ、長く継続することを意識してまずは「楽しく」をテーマに行ってください。

親の英語熱が多くなることで、子どもに英語を押し付けてしまうという懸念もあります。

そうならないように注意が必要。

大人が昔やった英語学習の方法を、子どもに伝えるということはリスクがあります。

子どもは子どもの適切な学びがあることを知りましょう。

参考記事⇒英語を書いて覚えると遠回りになる理由【幼児には聞く話すが優先】

そのために

  • 英語絵本の読み聞かせ
  • 英語のアニメ
  • 英語ゲーム

などの楽しさを感じられるような取り組みが必要になります。

特に、英語絵本の読み聞かせは、英語だけでなく、自己肯定感も高められる取り組みなので、保育士としても毎日子どもにしてあげてほしい取り組みです。

参考記事⇒親子関係をより良くする効果がある英語絵本の読み聞かせ【子ども英語×保育士】

参考記事⇒【保育士が語る生きる力】子どもの自己肯定感をガチで高める方法【非認知能力】

0歳からできることも。英語の音を耳に入れておく

BGMとして英語の歌を聞いておくことができます。

聞くというよりは、生活している上で流れている程度の音量で自然と音を聞いている状態がベスト。

生活を邪魔してしまうほどの音量では、他の能力を遮ってしまうからです。

子どもの英語を育てたいからといって、集中力を遮ってしまっては元も子もありません。

また、3歳からの学習は、「音の学習」であるフォニックスがメインテーマになります。

「フォニックスを学ぶ基礎」として英語の歌を聞いておくと、フォニックスの学習が入りやすい下地が作れます。

フォニックスとは、

アルファベットの音を学ぶ学習方法です。

ABCのアルファベットを例に出すと、エービーシーは記号の名前であり、音は「アッ、ブッ、クッというような音のこと」がフォニックスにあたります

英語圏の子どもも、フォニックスを学ぶので英語学習では、基礎的な学習領域になります

無理やり聞かせよう、集中して聞かせようとはせずに、あくまでも「あっ、なんだか流れてるな」程度の小さい音量にしてくださいね。

胎児でもできることは親が学習すること

子どもが学習を始める事前準備として、「英語の学習」を親がすることをおすすめします。

特に発音であるフォニックスを覚えておくことで、3歳以降の学習にとても便利。

「えっ・・・親もやらなくちゃだめ?」

という方もいるとは思いますが、効率や子どもへの影響を考えると、絶対にやった方がいいです。

フォニックス学習で「その都度、音を確認してから子どもに伝える」ということをしていると手間がとてもかかります。

「手間がかかる」ということは、習慣化することがどんどんと難しくなります。

英語学習はコツコツの積み重ねなので、習慣化できるかどうかが成功かどうかをわける鍵となるのです。

完璧にならなくてもいいので、フォニックスをある程度学んでおいて、残りは子どもと一緒にフォニックスを学ぶということもできます。

また、フォニックスを学ぶのと同時に絵本の読み聞かせを自分で行うことができるようになります。

読み聞かせは音源がついているものもありますが、音のサービスが付くだけ高価になってしまいます。

絵本だけなら安いものも、音源がついてるだけで倍の値段になる・・・なんてこともあります。

コスト面でも損しないために、フォニックス学習がお勧めです。

胎児でなくても、親が一緒に学ぶ姿を見せることは非認知能力の獲得に有効です

ちなみに私は、発音を1か月ほどあれば学ぶことができました。

非認知能力とは

テストの点数では測れない能力であるやり抜く力、意欲、自立、自己肯定感、コミュニケーション力、創造性、などの総合的な能力のこと。周りの人間関係から学ぶことが多い。特に親のすべての物事に対する姿勢は、子どもが生活しながら学ぶことが多い。ペリー就学前プログラムという実験では、40歳時点での年収や幸福感にもつながることが分かっていて、幼児期に伝えられる能力として、一生ものとしての能力になる。

子どもの英語勉強はいつから?まとめ

  • 胎児のころ(子どもが英語を始める前)には親が発音を学ぶ
  • BGMを使ってほどよく音を聞いておく
  • 3歳からはフォニックスを学ぶことと、英語の楽しさを感じられるような取り組みを行っていく

ここまで読んでいただきありがとうございます。

子どもの英語学習のインプットの順番についても解説しています。

合わせて読んでいただくと、英語学習について理解しやすいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました